アルツハイマーにならない食生活|脳の働きを活発にする食材

友達

青魚や納豆が効く

年配の女性

医療技術が発達して人間の平均年齢が徐々に上がってきていますが、それでも、なかなか治療法が見つからない病気もあります。それがアルツハイマーです。アルツハイマーは、今まで正常に機能していた脳の一部が働かなくなることで起こる病気です。一度発症すると完治させるのは難しく、進行を遅らせるための処置が取られます。アルツハイマーを発症すると、思考力や判断力の低下、時間や場所の特定が難しくなる、人の区別がつかなくなるなどの症状が現れます。症状が進行すると自分のことも思い出せなくなる人もいるのです。よく、高齢者が朝ごはんに何を食べたか思い出せないことがありますが、アルツハイマーは違います。朝ごはんのメニューを忘れるだけではなく、食べたこと自体を思い出せなくなるのです。自分がご飯を食べた覚えもないのに家族からは食べたと言われて、どんどん家族に対する不信感などが募り、精神的にも不安定になっていきます。
アルツハイマーにならないためには、日常生活での予防が大切になってきます。適度な運動や十分な睡眠を摂ることも大切ですが、何より重要なのは食事です。アルツハイマーを予防できる成分を含んだ食材はたくさんあります。例えば、サンマや鯖などの青魚や納豆、緑黄色野菜などです。魚には脳の働きを活発にする成分が含まれているので、毎日摂取すると、歳をとっても思考力が低下しないのです。また、血流をスムーズに促す働きもあるため、脳まで血液が行き渡り、頭がはっきりしてきます。アルツハイマーは、食事の改善で発症するリスクを減らせるのです。

肩こりの改善にも効果あり

両手を広げる男性

水素のサプリを摂取すると体内で水素ガスが発生します。体内で発生した水素は体の隅々までいきわたり、血流を改善して肩こりが改善されたりと、美容以外の効果も期待できます。

詳細を確認する

体脂肪を燃やす力

黒いサプリ

すっぽんもろみは女性や高齢者に人気のサプリメントです。主成分がアミノ酸なので、取り入れても副作用が起こる心配はありません。一日の摂取量を守って健康的に体脂肪を減らしましょう。

詳細を確認する

肝臓を手助けする成分

カプセル

オルニチンは、肝臓の働きを助ける成分の一つです。毎日食事やサプリメントなどで摂取して、疲労感を翌日まで溜めないような体づくりを目指しましょう。また、生活習慣病などの予防にもなるはずです。

詳細を確認する

Copyright© 2016 アルツハイマーにならない食生活|脳の働きを活発にする食材 All Rights Reserved.